組織健全化へのアドバイス、保険手続き代行、就業規則作成、人材採用、助成金まで親切丁寧にサポート。杉並区で社会保険労務士なら、社会保険労務士法人 Noppo社労士事務所へ。

会社内で発生するあらゆる「ヒトの問題解決」に強い!

社会保険労務士法人Noppo(のっぽ)社労士事務所

安心して人に関する相談ができる専門家をお探しなら、当法人へ
ご連絡ください。能力診断手法に接点をもち、「人を観る」という
経験を得た代表が直接お客様の相談に対応いたします。

【事務所所在地】
〒167-0032 東京都杉並区天沼3-27-7長寿庵ビル2F【JR・地下鉄荻窪駅から徒歩7分】
【営業時間】
9:00~18:00(土日祝除く)

info@sr-noppo.com

03-6313-0872

トップページ

新着情報

◆R1.12.23 代表ブログ更新 

Noppo社労士事務所の特徴

組織に発生するさまざまな「ヒトの問題」を解決する道筋を個別具体的に提示

当事務所は、組織を構成する”個(社員一人一人)の行動”に焦点を当て、行動特性を見出した上で問題解決を行い、組織健全化の支援ができる社労士事務所です。

「お客様が望む支援」を個別に検討し提案

経営会議や後継者にうまくバトンタッチするための会議など、これまでさまざまな経営にまつわる会議に参加してきましたが、すべて個別のニーズに対応したものです。基本姿勢は「余計なことはせず、必要なことはする」とし、綿密なヒアリングから組織の実態をあぶり出して、現状に必要なコンサルティングを実施しています。

「迅速・親切・丁寧」なサービスを提供

通常の社会保険や雇用保険の手続き業務は、極め細やかで迅速な対応を行うために女性の専門スタッフが対応し、代表社員の養父自身が要所要所でチェック&サポートをしています。専門家へのクレームとしてよくある「レスポンスが悪い」「処理が遅い」「誰に連絡した良いか分からない」「身近に感じられない」「あの人に伝えたのに…」といったことからストレスフリーであってもらいたいと考えているからです。

電子申請を全面的に導入

紙による処理は郵送事故に繋がる可能性もありますし、どうしてもタイムロスが生じていました。その点、電子申請は、ひと昔前と異なり、マイナンバーもはじまり行政側の体制も整備されてきたため処理が早くなっています。デメリットはほぼなく、メリットとしては保険証や離職票の発行が早いことが挙げられます。また、マイナンバー等の個人情報の漏えいリスクが防止できる点も現在では大きくクローズアップできる点だと思います。

介護業界に強い

当事務所の顧問先の約6割は介護事業所です。開業以来、介護業界に注力してきたことから、介護業界ならではの特殊な組織マネジメントや労務管理に関する情報、介護職員処遇改善加算などのノウハウを蓄積することができました。

また、介護事業所様以外のお客様もメーカー、学校、IT、商社、美容、小売り、不動産、飲食、アパレルなどと多岐に渡っていますので、介護事業所様以外の業界の方のご相談も大歓迎です。ご遠慮なく相談してください。

「最新の法制度や法改正の知識が欲しい」

「判断の難しい事案について、業界特有の事情を踏まえた上で、的確なアドバイスが欲しい」

「豊富な経験に基づくアドバイスが欲しい」

というニーズがあれば、一度ご相談ください。

給与計算の自計化をサポート

給与計算は、社員の労働実態を毎月把握するためにも、できれば自社で対応したほうが良いものです。その観点から、当事務所では、自社で給与計算をするためのサポートを行っています。自社で給与計算を対応することで、顧問料が1万円~2万円ほど安くなり、社会保険や労働保険の面倒な手続きだけを依頼することにより、毎月の固定費の削減ができます。

※こちらのサポートは事務所の方針により休止することもありますので、ご希望の方はお早目にご連絡ください。

組織の根本治療を目指してもらうために、
「アセスメントセンター」の普及に注力

組織の健全化に対して真剣に向き合う経営者は、「組織の入口=採用管理」を徹底していかなければ入社してしまった後に発生する「労使双方の不幸の種(多大なストレス)」を摘む(解消する)ことはできません。

しかし、この課題は「言うは易く行うは難し」であり、本気で実践している企業は(専門家を含め)ごくごく僅かです。そのため、多くの会社で「優秀な(生産性の高い)人がいない」という声から、「困った(生産性の低い)人ばかりだ…」という声で溢れてしまうわけです。

ただ、この課題と向き合わねば、どんな立派な制度やルールを導入したとしても役には立ちません。それを解決する唯一の道筋が「人を観る技術」を養うことであり、アセスメントセンターを理解することなのです。

サービスのご案内