組織健全化へのアドバイス、保険手続き代行、就業規則作成、人材採用、助成金まで親切丁寧にサポート。杉並区で社会保険労務士なら、社会保険労務士法人 Noppo社労士事務所へ。

会社内で発生するあらゆる「ヒトの問題解決」に強い!

社会保険労務士法人Noppo(のっぽ)社労士事務所

安心して人に関する相談ができる専門家をお探しなら、当法人へ
ご連絡ください。能力診断手法に接点をもち、「人を観る」という
経験を得た代表が直接お客様の相談に対応いたします。

【事務所所在地】
〒167-0032 東京都杉並区天沼3-27-7長寿庵ビル2F【JR・地下鉄荻窪駅から徒歩7分】
【営業時間】
9:00~18:00(土日祝除く)

info@sr-noppo.com

03-6313-0872

問題解決助言方針

問題解決助言方針

力ずく(法律やルール)で対処するのではなく、「いかにソフトランディングできるか」をベースにした最も生産的な(出血の少ない)ノウハウを提供しています。

 

力ずく(ルールや書式など)の対処は一番実効性の高いものと認識されがちですし、わかりやすく、また、専門家に労使紛争の相談をすると、一般的には法律やルールによる対処を勧めてくるでしょう(一度聞いてみてください)。例えば、「注意指導書や警告書を用意しましょう」や「顛末書や始末書を書かせましょう」などです。

 

確かに、泥沼化したり、泥沼化が予測されたり、ニッチモサッチモいかない状況であれば、労働法に強い弁護士さんを探して、裁判を前提とした上記のような対策を取っていかなければ、勝てる裁判も勝てなくなってしまいます(Noppoでも労働法に強い弁護士さんをご紹介しています)。

 

しかし、その最悪の方向性(精神的にも肉体的にも追い詰められるような裁判など)は極力避けるべく、円満に別れる方法(ソフトランディング)を選択するほうが、経営者にとっても従業員にとっても遥かに生産性が高いのです(人によっては、争いが好きな方がいるかもしれませんが・・・)

 

単にその社員との勝ち負けを競いたいのであれば、裁判や裁判のための準備行動(法律やルール)も「有り」でしょう。


しかし、会社が目指すものはそんな「勝ち負け」でしょうか。

そうではなく「会社の継続性」ではないでしょうか?


であれば、非生産的な勝ち負けの争いより、

「なぜこのような事態に陥ったのか?」

「いったいどこに組織の機能不全があるのか?」

と、根本原因を第三者からの指摘をもとに理解・納得しつつ、かつ組織の病巣を穏当に摘出し、ゆっくりと健康体を取り戻し、「正しい人を観る目を養っていくこと」に舵を切ることのほうが生産的ではないでしょうか

それを「勝ち負けに舵を切る」選択を取ることによって、病巣に発展した原因を追求することに目を向けることができず、たとえ勝ち負けがハッキリしたあとも、原因の追求ができていないばっかりに「再発」し、悪循環となり、最悪は「倒産」の憂き目にあってしまうのです。

経営者が問題の本質に向き合う力がなければ、そもそもどうしようもないのですが・・・

少しずつでも組織を健全化していきたい方や、創業当初からできるかぎりリスクを回避(予測)した経営をしたい方は、当事務所のドアを叩いてください。